ワキガ アルコール タバコ

ワキガの臭いを強めるアルコールとタバコ

ワキガ アルコール タバコ

 

ワキガと言うのは多汗症と同じく汗による症状で、多汗症との違いは臭いがある事です。

 

多汗症の汗は塩分が主な成分になるのに対し、ワキガの汗には臭いの元となる皮脂やタンパク質が含まれていて、汗の色についても白い乳白色と言った特徴があります。ただし、この汗自体には臭いはなく、皮膚の常在菌による分解されると腋臭と言う臭いになるのが特徴です。

 

臭い成分は食べ物やアルコールおよびタバコなどの愛好品などにより変化する為、臭い対策を行うには、お酒や喫煙を抑える事が大切です。臭い成分が多くなる事で、ワキガの臭いは強くなりやすくなります。

 

特に、お酒を飲んだ翌朝と言うのは、お酒臭さがあるように、汗にもこうした臭い成分が含まれる、腋臭と言う臭いの症状を強くしてしまうので注意が必要です。

 

タバコが臭いの原因になる理由とは

ワキガ アルコール タバコ

 

腋臭と言う臭いはアポクリン汗腺から分泌して来る汗と常在菌による分解で、臭い成分が独特な腋臭を放つと言った特徴を持っています。

 

辛い物を食べた時や香りの強い物を食べた時には臭いが強くなるけれど、臭いを弱くする食べ物を摂取すると腋臭の度合いが小さくなります。

 

しかし、腋臭と言う臭いは食べ物だけではなく、喫煙や飲酒でも体臭が強くなるのが特徴です。煙草は身体に害があるのですぐに止めるのが良いのですが

煙草を吸うと身体が臭くなりやすくなります。

これはワキガ体質ではない人でも同じで、喫煙をする事で臭い成分が血液の中に溶け出す、これが汗となって分泌する為、喫煙をする人は臭い成分が多く含んでいる汗が分泌すると言ったメカニズムを持ちます。

 

アルコールが臭いの原因になる理由とは

ワキガ アルコール タバコ

 

アルコールを飲むと体臭が強くなりますが、アルコールと言うのは元々臭い成分の塊なのです。

 

お酒を飲んだ後に酒臭さが出て来る理由は、消化されなかったアルコールは汗として分泌される為であり、お酒を飲んだ翌日に運動をして大量の汗をかくと、酒臭さのある汗になってしまいます。

 

ワキガ体質の場合、元々臭い成分を多く含んでいる汗がアポクリン汗腺より分泌されるだけではなく

アルコールによる臭いが強化された形で分泌されるので腋臭と言う臭いの度合いは飲まない時よりも強くなります。

更に、お酒や煙草と言うのは汗を分泌させる汗腺組織を刺激する作用がある為、急激に臭いが強くなりやすくなるのです。

 

>> ワキガの自覚症状ってある?  TOP